消費者金融で審査に落ちた理由を知りたい

キャッシングベスト3

消費者金融で断られたんです。理由を知りたいのですが聞けますか

一ヶ月くらい前です。ちょっと生活費が厳しくなったので、今まで使ったことがなかったんですが、消費者金融を使ってみようと思ってネットから申し込みをしました。すると消費者金融でブラックになる要素がないのに審査に通らなくて驚きました。

本当に一度も使ったことがないし、申し込みをしたのも今回が初めてなんです。ショッピングローンを組んだことはありますが、返済には一度も遅れませんでしたし、既に完済してから何年も経っています。だから審査に落ちた理由がさっぱり分からないんです。何かの間違いで信用がなくなっているような気がします。

これからまた申し込むことがあった時、やはり通らないのでしょうか。私はブラックになってしまっていると思いますか?消費者金融に問い合わせをしてみれば理由を教えてもらえるでしょうか。でも私が申込者本人という証明は難しいので、個人情報保護法に引っ掛かってしまうでしょうか?

理由は開示されません。推測してみましょう!

なるほど、確かに審査に通らなかった時の理由は気になってしまいますね。過去に消費者金融や他の金融機関でトラブルを起こしていれば心当たりもあるわけですが、全くないご様子ですし。何かの間違いで信用情報に誤情報が登録されているのではないか、と心配になるのも分かります。

過去のトラブル系でないとすると、考えられるのは、まず申し込み時の記入の不備です。誤字脱字、必須項目の書き間違いなどに思い当たることはありませんか?そんな細かいことは後で電話でもくれればいいじゃないか、と思う人もいるかもしれない事項なんですが、実はこれ、結構大切なんです。

確かに後で電話などで確認することは可能ですが、キャッシングの申し込みというのは、お金というデリケートなものを扱うことなのです。それなのに重要な申し込み書に不備があるということは、もしかして融資と借入(キャッシング)の取り引きを始めても、大事なところでミスをされるのでは?とキャッシング会社側が警戒してしまう理由になるんです。

こちらに心当たりがなければもうひとつの理由が考えられます。同時に数社への申し込みをしませんでしたか?これもキャッシング会社が警戒する申し込み形態のひとつです。急に大金を必要としているのではないか?返すあては本当にあるのか?と思われてしまうんですね。大手の金融機関は信用情報機関で申し込み状況を調べるので、すぐ分かってしまうことです。

どちらにも心当たりがないとすると、他に住宅ローンや教育ローンを支払っている等も考えられますが、お話の内容からするとそれも違うような気がします。

こうなると推測が難しく、私も無責任なことは言い辛いです。消費者金融側は理由を開示してくれることはありませんので、真実を知ることは難しいでしょう。しかし、ご自分がブラックかどうかを確認することは可能です。

信用情報機関に「本人開示」を申し込んでみましょう。本人から申し入れがあれば、情報は必ず開示されます。ここに審査に落ちた理由は登録されてはいませんが、当時の申し込み状況や借入金についての情報は残っています。

もし複数の会社に同時に申し込みをして……という理由でしたら(おそらくこれだと思うんですよねえ……)、3ヶ月から半年くらい待ってみましょう。申し込みに関する情報はそれくらいの期間で消えます。その後に、今度は一社に絞って、念入りに申込み書を作成してみて下さいね。

消費者金融が断りたい客になってませんか?断られた後では遅すぎる

消費者金融を大手、中堅、中小と一旦分類できます。大手にはテレビ広告等で名の知られた金融業者が含まれます。意外と中堅どころとなるとグッと知名度が下がるようです。やはりこれはテレビメディアでの広によるの影響力が大きいことを示しているのでしょう。

消費者金融を選ぶ際に重要視するのは有名度であろうと思います。有名な業者であれば、法外な対応はあまりないであろうことが期待できるからです。とても安心ですよね。そして有名な業者さんを選んでキャッシングを申し込んでみたものの、断られてしまったなんていう証言も頻繁に聞くことになるのです。これはある意味、データが裏付けしている事実であるといえます。大手が公開したデータによれば半分近い融資希望者が審査に落ちているというのです。

皆さんお金には苦労されているのだなぁと、ため息まじりに共感することもできますが、同時に消費者金融でも大手はさすがに厳しく審査をしていることにも原因の一旦があるのかもしれませんね。大手では融資申込審査の精度を一律にするためにコンピュータを導入している所も少なからずあります。コンピュータのデータ次第ということになり、どうして審査に落ちたのかという原因は誰にもわからないという事になりがちです。

一般的に金融業者から敬遠される客にはいろいろとあります。そもそもブラックリストに入っていて審査に通らない人を含めれば、固定的な収入源がない、他者からの借入が既にある。あるいは連絡が困難であるとか特定の職種に従事しているなど。審査する基準はケースバイケースでありながらも一定の条件は、とりあえず公開されています。

勿論それらの条件を見事にクリアしていたとしても、審査に通るかどうかは運次第であるしか言いようのないところが残ってしまうのですね。そのような場合は審査手続きが異なった方法による消費者金融業者さんであれば審査を通過する可能性が高いということになります。なので人情としてはだめであれば一時も無駄にしないで金策に走りたいところです。

しかし、心当たりがないにも関わらず、消費者金融で断られた際に気を付けて頂きたいのは、慌てて次の業者に出向かないことなのです。勿論、コンピュータ処理によって審査データを見ている場合、さまざまなオペレーションによって異なった審査結果がありえるのですが、少なくとも借入申込があったという履歴を消費者金融が共有していることを弁えていなければ、ほぼ自動的に次の業者でも検査オチという結果を招きかねません。

こうなってしまうと半年間どこの大手業者にいっても、ある意味ブラックと同じ扱い(申込ブラックと称する)を受けることになってしまうのです。ある業者が断りたい客というのは、他の業者にとっても同じことだといえるでしょう。このことはまた、消費者金融の貸付けが自動装置ではなく、人間による営みであることと理解できるかもしれません。会社であれ、組織であれ結局は人だということです。

さて、理由の如何を問わず、断られてしまった時はどうするか。大手業者の有名どころは一旦保留して、中堅どころに相談してみることは確かに一つの方法だと思われます。中堅どころの消費者金融は手堅い営業を続けられている業者が多いことを期待できます。金利の負担も、法的な制限があるので大手とそれほど変わることもありません。

それでもやはり、大手の消費者金融に断られる客にはなりたくないもの。キャッシングの申込をする前に借入の総額をしっかりとチェックするように心がけましょう。返済額と生活費で赤字になっているなら、まずそれをなんとかすることが大切です。消費者金融業者としても一番ありがたい客は健全に利用してくれる人たちなのだからです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 自営業《審査甘い》消費者金融が見つかる!百発百中ランキング All Rights Reserved.